2013-05-21

久しぶりの道の駅

職場の友人と「水曜どうでしょう的に福島県の道の駅をめぐろう」という話が盛り上がり、比較的近い道の駅にスタンプラリーの台帳を買いに行ったのですが、これが情報量が半端ない。昔はいかにも小冊子という感じでしたが、いまは本になっていました。タイトルも「道の駅完全読本」。さらっと読んでみて、また道の駅巡りがしたくなって来ました。
というわけで、比較的行き慣れている山形県をチョイス。地元福島県は楽しみにとっておこう。というか、以前自分が道の駅制覇を目論んでいたときは県内わずか6ヶ所だったのに、いまや26ヶ所。経験上1泊2日では無理…。山形県は以前に比べてもあまり増加してないのが助かります。

まずは喜多方方面から米沢方面へ。途中、喜多方の坂内食堂で朝ラー。


途中、弱い雨が降ったりと路面はウエット。まぁ、本降りじゃないだけマシか。喜多方を過ぎて本格的な道の駅巡りスタート。まずは田沢。

続いていいで。ここから小国に行こうか高畠に行こうか迷いましたが、高畠は帰りに回すということで小国へ。

白い森おぐにに到着。

朝のんびりしすぎたせいか、この時点でお昼近く。予定では鳥海までいくことにしていたのだが、かなりやばい状況。急がないとなぁ…。多くの道の駅は18時ごろに閉まってしまうのですよ。そうなるとスタンプが押せません。以前は事前にスタンプされた紙を置いていた道の駅もあったりしましたが、完全読本によると、それはノーカンとのこと。是が非でも営業時間内に行かなくてはならなくなっています。はっきりって観光どころじゃない。道の駅でのんびりお買い物なんてやってられません。なんだかわびしくなってきますな。
まぁ、そんな急いでいる状況に限って話しかけてくる方がいるんですよ。まぁ、わざわざ長野から「東北を見たい」と来てくださったので邪険にはできません。近場の観光地を色々と紹介してその場をあとにしました。

続いて白鷹ヤナ公園。山形で一番新しい道の駅。始めて来ましたが、鮎のヤナ場が常設されてこれがウリです。と言っても今は時期外れ。この時期は川の両岸にロープを張って鯉のぼりがたくさん泳いでました。あと公園内の藤も見事でしたね。


おおえ。ここまで来ると山形県の道の駅密集地帯に突入。寒河江、河北、天童温泉など十数キロ圏内に道の駅があります。時間に余裕があればボーナスステージなんですが、あいにくと余裕がないので先を急ぎます。

ということで月山越え(正確には六十里越街道か)。にしかわ。地ビールが有名。気温が高くて地ビールが美味しそうに見えます。今日のキャンプのお供に…とも思いましたが、生憎と栓抜きを持ち合わせていなかったので見送り。…なぜ忘れた…。かといってわざわざ買うのもねぇ。


月山。いやぁ寒い寒い。さすが夏スキーができるところだけありました。下界とは気温が10℃は違います。この時点で16時。普通のキャンプツーであればそろそろ近場のキャンプ場に向かう時間帯ですが、道の駅制覇の場合は限界時間まで道の駅巡りを止めることはできません。過酷です。


ということであつみに到着。ここで18時ぐらい。ちなみに写真撮り忘れました。次の予定は庄内みかわでしたが時間的にもう閉まっているでしょう。完全読本を見ると…なんと、庄内みかわでは併設されている温泉入浴施設でもスタンプ押印可。しかもそこは22時までやっているらしい。キタコレ。

庄内みかわ(画像は併設の「菜の花温泉 田田」)。相変わらずここは、道の駅本体に比べて併設の施設が立派です。なにせスーパーまである。ここで本日の道の駅巡りはタイムオーバー。スーパーで買い出しを済ませて、明日の進行が楽なように今日は頑張って道の駅 鳥海の関連施設でもある西浜キャンプ場へ。


到着した時点で20:30過ぎ。急ぎテントを設営して徒歩圏内の入浴施設「アポン西浜」へ。いやぁ、しかし疲れた…。このまま寝ようかとも思ったけど、食材とか買ってきちゃったし飲んで食べてから寝ることに。しかし、到着が遅くなるとわかっているときは、寂しいけれどコンビニ弁当とかのほうが何かと捗るなぁ…。などと考えながらしっかりキャンプを楽しんで就寝。ちなみに平日なんで貸切でした。

次の日、受付をしていなかったので管理人さんが出勤するまでのんびり朝食&撤収。米を持ってくるのを忘れていたので、レトルトのご飯を買ったのですがこれがなかなか美味しい。山形でしか売ってないんだろうか?近所のスーパーでは見たことないような…。というか近所のスーパーに行ってレトルトのご飯は探さないもんなぁ。いや、オススメです「ドリームズファーム うまかめし」。


朝、妻からメール。要約すると「同居の母が風邪でダウン。早く帰って来い。」…了解しました。

ということで、さらに制限時間がきつくなって来ました。少なくとも昼前には山形を脱出しないといけません。
まずは鳥海。

次にとざわ。相変わらず立派です。ここからみる最上川の景色もいい。


尾花沢。ここも新しい道の駅。尾花沢は夏スイカ生産日本一とのこと。ちょっと期待しましたが、さすがにこの時期にスイカはなかった…。


そろそろ時間がやばい、むらやま。上り車線からいくと歩道橋を渡らないと本体施設に行けないのがこういう時にもどかしい。あ、いや、苦情じゃないです。こんなスタンプだけ押してお金を落とさない人は客じゃないですし。しかも急いでいてまたも写真を撮り忘れ。

最後のダメ押し、河北。


以前は大泉逸郎フィーバーで孫グッズだらけでしたが、さすがに落ち着いていました。ここで完全読本のウリの一つである「お得クーポン」を使用し、紅花の種をゲット。このクーポン、いろんな道の駅で色々割引になったりで、もっと積極的に使うべきなんでしょうけど、そんな時間がモッタイねぇとか…もっと自分の人生には余裕が必要なんだと思いました。クーポン一つでそんなことを悟りながら帰路につきました。

あとは寒河江と天童温泉とたかはたに回らないとなぁ…。

総走行距離:840.7km

2013-05-07

CRF250L 整備してみる

先日、まれさんのこの記事を見て、同じタイ産の我がCRF250Lもちょっと心配になって来ました。以前から「グリスが塗られていない」というウワサ話も聞いていたし、ちょっと気合を入れてバラしてみることに。


フロント側はうっすらとグリスが塗られていました。一応手持ちのグリスを厚塗り。


リア側も同様にうっすらだったので厚塗り。

さて、お次はリアリンク…うーん、外れない。どんなに頑張っても外れない。こりゃ規定の締付けトルクより強く締められている感じ。このバイク、全体的にそうなんですが、あちこちのネジの締め付けがそりゃもう硬いんですよねぇ。きっとタイの方々が力いっぱい作り上げてくださったんだと、もう感激です。
とりあえずここまでは「グリスなし」ってことがなかったので、もうちょっと走ってからプロに任せようかと思います。

2013-05-04

いい休みでした

GWということもあり、妻と子供は妻の実家がある二本松へお泊り。無条件でフリーです。洗濯と部屋の掃除を軽く済ませ(と言いつつ自ら条件をつけてしまうのが悲しいところ)、早速自転車でGO。
とはいえリハビリ期間。まる1日かけて平田村の芝桜でも見ようかとも思いましたが、確実にやられるのは目に見えているので、ヒルクライムコースでいつもより長く走る程度に止めました。
しかし天気がいい。風がちょっと強かったけど気持ちのいい日でしたね。


しかし、RX100のパノラマ撮影はなかなかに面白いな…。

走行距離:50.0km
体重:69.5kg
体脂肪率:21.1%
筋肉量:38.5%

帰ってから以前、常磐道のPAで買っておいた茨城県名物メロンカレーなるものを食べてみました。うむ、なかなかに美味しかったです。でも500円はちと高いかも。

昼食後、バイクの初回点検を受けにバイク屋さんへ。しかし、途中の道は大渋滞。人が休んでいるときは大概仕事をしているので、思わぬ所でGWを満喫出来ました。