2009-09-28

気持ち遠出

前回の地元サイクリングの反省より、短い距離できついのはメタボ☆によくない(しろくまさんより)、普段からそれなりの距離を走ってないと後半たれる、という事がわかってきたので今日はちょいと長めに走ってきました。とはいえ、相変わらずでなんですが空模様が非常に怪しかったので、早めに切り上げてきましたが…。

コースとしては比較的フラットな部分が多い通称”浜街道”と呼ばれるルート。基本に立ち返り、ダイエット目的のため有酸素運動を意識してのんびり行く事にします。が、いつの間にか漕ぎ倒していたりして…。

走行距離:65.4km
体重:71.6kg
体脂肪率:22.4%

折り返しの南相馬市鹿島区でぱらぱらと雨にやられましたが、本降りになることはなく無事帰着。いやぁ、よかった。体重も71kg台になってきました。あともう少し、あと少しで70kg台を切れるか?今年中に切れるといいのですが、ここからが難しいんですよねぇ。去年もだめだったし。

ま、頑張っていくしかないか。

2009-09-26

地元でサイクリング

今日はしろくまさんを地元に招待してのサイクリング。紅葉にはまだ早いのですがかねてより計画していた紅葉満喫ルート(激坂あり)で行ってまいりました。

しろくまさんより朝に「集合時間に遅れるかも」というメールを貰うがなんのなんの、結局予定通りの時間に来ていただきました。自分も朝から自転車の整備をし、出発準備をしていたのですが、時間までにギリギリセーフといったところでした。
このルートはいきなりゆるい上り坂から始まります。その代わりだらだらと長いのが特徴。ゆるくて長い上り坂は今月行ったスカイラインで散々走ったので、さほど苦ではありません。もっとも地元ですし一度走っているルートなので、きついとは口が裂けてもいえませんが…。とは言うものの途中で辛抱たまらずフロントトリプルのインナーに入れちゃってますが…。で、体が温まったところで難所の激坂に入ります。道路に赤いラインが見えたらスタート!相変わらずきついですがこれが2度目、スカイラインの特訓が効いているのか前回よりも消耗少なく登りきることができました。途中でしろくまさんがすっかりきれちゃって見えなくなってしまいましたが、さすがに待っている余裕はありませんでした。申し訳ないです。
坂を上りきったところで合流。小休憩後再スタート。緩やかなアップダウン後、再度長い上り坂。坂がもう少しで終わるというところでしろくまさんにぶち抜かれました。さすがです。ちょっとタイミング的に早かったようですが…。その後は長い下り坂。水をえた魚のようにしろくまさんはぐんぐん飛ばしていきました。今までの鬱憤を晴らすが如く、といった感じでした。この下り坂は長くてスピードも乗り、コーナリングも程よく楽しめるので自分もお気に入りです。ここまでくるのが大変なんですけどね。
そこからは楽ちんルート。折り返しのお店屋さんで休憩後、落合浪江線をゆるゆると下っていきます。さすがに紅葉には早いのですが、高瀬川渓谷の景色を眺めながらのんびりと走ります。途中にある駐車場で大休憩し、後は一気に自宅まで。途中で再度しろくまさんにぶち抜かれましたが、結局追いつくことはできず。さすがにしっかりトレーニングしている人は回復力が違いますね。自分の脚はがたがたのままでもうふらふらでしたよ。

走行距離:52.5km
体重:72.2kg
体脂肪率:22.2%

家に到着後、お風呂のため「いこいの村なみえ」へ。500円の低料金ですが良いお風呂でした。お風呂を出たあとに、ここに勤務している忙しそうな義理の妹を捕まえコーヒーをご馳走になり、同じく勤務している旧友を呼び出し(忙しい最中に申し訳ない)先日のツーリングのお土産を渡すという非常に個人的なことにしろくまさんを付き合わせ、その後昼食のため「大室屋」へ。浪江町民の外食といえば定番なところです。味は良いが盛りも良いのが特徴。ダイエット中なら本来は来てはいけないのですが、しろくまさんに浪江町を堪能してもらうには外せません。しろくまさんはカツ丼、自分は天丼を注文。相変わらずの盛です。しろくまさんにも満足いただいたようでよかったです。
昼食が済んで自宅に戻ると義理の父がいたりと、なにやら親戚紹介のような1日になってしまったりと予期せぬ事態になりましたがまぁ、よし。ここで解散となりました。

いやぁ、自分にとっては満足の行く1日でした。しかし、自分ももう少し長い距離を走りこまないといけませんねぇ。ま、おいおいと。

2009-09-23

岩手キャンプツー

また岩手か、といわれそうですが行って来ました。前回の妻との旅行で思い残す事がありまして、具体的には龍泉洞と八幡平なのですが、今回はそこを回ってきました。

9/22
朝3時に出発。まだ暗く交通量の少ない国道を北上していきます。こういう時ってなんか変にテンション上がります。長続きはしませんが…。
明るくなる頃に高速に乗り一気に盛岡まで。高速の下りはまだ交通量はそれほどではなかったのですが、混雑しているSAやPAがちらほらと…。何なんだろうと思いながら休憩のため寄ってみると、確かに駐車場は一杯。でも建物の周りにはジャージなどラフな格好の人たちがタバコを吸っていたり洗面道具を持ってトイレを出入りしてました。なるほど。この車の殆どは車中泊の人たちらしい。まぁ、お風呂の問題をクリアすればトイレはついてるし、夕食も朝食もここで済ます事もできますからねぇ。高速料金は1000円だけど、このご時勢なので、宿泊代を削ってガソリン代につぎ込むってのもありなんでしょうね。
連休を利用して高速道路のみで日本一周…。なんてあほな事を考えていると盛岡が近付いてきました。盛岡圏内に入ってくると雨が降ってきました。まぁ、わかっていた事なんですけどね。雨対策は万全。ヘルメットの中で烈海王ばりに「私は一向にかまわんッッ」とか言ってましたよ。
でも実際は全然構わなくはない感じでした。盛岡で高速を降り、そこから本日の目的地、龍泉洞へ向かうのですが、山を上って太平洋側へ行く事になるので雨は何とかなっても気温の低下がどうにもならない。予想以上の寒さでした。気温はさほどではないのですが体感温度がねぇ…。寒さと空腹にやられテンションが落ちてくると眠気にも襲われるようになったので、これはやばいと「岩洞湖レストハウス」というところで休憩。なんか看板に「本州一厳寒の地」とか書いてありますよ…。ふむ、ワカサギ釣りやマス釣りなどが盛んなようです。あと食事を頼むとライダー特典というものがついてくるようです。掛け蕎麦を頼んだら料金1割引にしてもらいました。いいところです、と宣伝しておこう。
どうやらこの岩洞湖が中間地点らしく、あとは下りがメインの道となりました。雨も次第に上がってきていい感じです。しばらく走ってついに龍泉洞へ。
龍泉洞に到着。さすがに連休中ということもあって人がいっぱい。天気が悪くても洞窟内は関係ないしねぇ。自分もカメラ片手に入ってみます。ちなみに入場料は1000円。ちと高いですな。ここは鍾乳洞なんですが、子供の頃からあぶくま鍾乳洞で鍾乳石には慣れてしまっているので特に感動もないのです。しかし、ここの売りといえば地底湖。透明度の高い水がすばらしいです。一応写真には撮ってみるもののこれが中々難しい…。カメラ初心者な上に使い慣れないカメラで来てしまった為に全然うまく取れませんでした…。龍泉洞自体はさほど大きくはないのですが、その周りの自然もいい感じでした。
龍泉洞を後にしてまた盛岡方面へ戻ります。キャンプ場は盛岡方面のほうが何かと充実しているようなんで…。キャンプ場に行ってみて「満員では入れません」とか言うのは勘弁ですからねぇ。キャンプ場が多いに越した事はありません。盛岡へ戻る途中、「三田貝分校」という道の駅を発見し立ち寄りました。分校をイメージしたつくりで壁にある掲示板や張り紙など学校らしさを醸し出してます。食事は「~給食」という感じで、数量限定で日替わりの本当の給食「風」の定食なんかもあって、昨今の観光物産センター一辺倒の道の駅とは違う感じ(自分の中ではテーマパーク系と分類される)で中々良かったです。ちなみに自分はコロッケ給食を食べました。
さて分校を後にして盛岡へ戻ってきました。雨はだいぶ小降りです。とりあえずスーパーで買出しをして天気予報チェック。明日の天気が悪ければ、このまま無理をしてでも八幡平を回ってくるのですが、良ければ(悪くなければ)疲れているので明日に回したいところ。ちなみに自分の愛用しているお天気情報サイトは「Yahoo!天気」。何がお気に入りかって、雨男の自分に希望を持たせてくれるところが良いです。正確性の高い情報より明日に繋がる希望が欲しいときには最高です。で、どうも明日は午前中は雨は降らないらしい。よかった。ということでキャンプ場へ直行。
とりあえず予定していた「網張キャンプ場」へ。まだ時間が早かったためかキャンプ場のお客さんは少ない模様。よかった。多目的広場という芝サイトを使うように言われました。料金は400円。うむ、安い。芝はきれいに刈ってあるし、見ればトイレも水場もかなりきれい。お値打ちですね。お風呂(温泉)はキャンプ場の受付もやっている入浴施設で。キャンプ場利用客は100円引きの400円で入湯できます。さて、テントの設営も終え温泉に行こうかとも思いましたが(入浴時間は19時までに入らなくてはいけない)、まだ時間が早いのでテントの中でごろごろと…。なにせ温泉のほうはお客さんがひっきりなしでかなり人気のお風呂らしく、どうも混んでいる様子。それもそのはず。17時になり”酒飲んでからだと面倒になるからなぁ…”と思い行って見ると、設備はきれいだし、温泉自体も硫黄のにおいが強い白濁したお湯で温度も高くなかなか良い温泉でした。これで500円はやはりお値打ちです。そりゃ人もきますわね。
さて、お風呂も入ったし後は晩飯。ソロなんで凝った料理もなく、米を炊き、肉を焼きデザートに茶碗蒸し。あとは珍しく日本酒を燗しながらちびちびとやって終了。後は明日の為に撤収の準備をして21時には就寝しました。

9/23
寝ている途中でアルコールが抜けてきたためか寒さを覚えて一旦起きましたが、時間が早過ぎたために2度寝。携帯の目覚ましに起こされました。寒さで無意識に歯を食いしばっていたためか、やたらに顎の関節が痛みます…。これを書いている時点でもまだ痛い…。まぁ、動かしているうちにだんだんとは良くなってきましたけどね。それはさておき、起床後即撤収開始。6時30分にキャンプ場を後にし、八幡平アスピーテラインへ。天気は曇りですが雨は降りそうにありません。キャンプ場は山の割と高いところにあるせいか途中霧が凄くて視界が悪くて参りました。
八幡平はキャンプ場とは山の反対側になるので、ぐるっと回って行かなくてはいけません。途中のコンビニで痛む顎と格闘しながら朝食を済ませ、念のため給油をして、いざ八幡平へ。上る途中でやはり霧が濃い部分もありましたが、そこを抜けると曇り空の中でも青空が見えたりとまずまずの天気。何より紅葉が始まっており、どこを切り取っても良い景色。感動でした。走っては止まり写真を撮り、の繰り返し。これ、妻が一緒だったら絶対にできません。確実にブーイングです。ソロでよかった…。
頂上からは秋田側へと下ります。こちらはあまり良い景色には出会えませんでした。途中の駐車場で休憩していると後からハーレーのマスツーの人たちが来て色々と話しかけてくれました。お互いに「高速の上りはきっと混むから早く帰らなきゃとは思うが、景色が良くて中々帰れない」と意見が一致して楽しかったです。八幡平を下りる際に「大沼キャンプ場」というところがあり、景色がよさそうで温泉施設もあり、次はここに泊まりたいなぁ、なんて考えながら八幡平を後にしました。
さて、予定より時間を食ってしまったので早々に引き上げなくてはいけません。途中、流れの悪い車につかまり、前述のハーレーの人たちとしばらく一緒に走ったりとしましたが、田沢湖あたりでマスツー解散。自分は田沢湖へは寄らず再び盛岡へ戻ります。しかし、天気がもったのはここまで。盛岡が近付くと雨が降ってきました。雫石の道の駅に着くころには本降りです。道の駅でお土産を買い、後は盛岡から高速に乗り帰路に就きます。雨は結局仙台まで続きました…。

いやぁ、今回のツーリングは天気はともかく(いつも通りと言えば、そう)良いキャンプツーでした。久々にいっぱい走りました。総走行距離は960km。最近ない数字です。高速を使ったせいもありますが、やはり妻が一緒だと気を遣いますからねぇ。いや、充実したキャンプツーになりました。
あ、あと望遠レンズが欲しくなりました…。

2009-09-21

明日はキャンプツー

久しぶりに行ってきます。久しぶりのキャンプツーに雨雲も敏感に反応した模様です。

雨の日のキャンプツーも嫌いじゃないぜ!と言っておこう…。

2009-09-19

買っちゃった

Panasonic LUMIX GF1買っちゃいました。今度のツーリングが楽しみです。とりあえず今日は色々いじっとこ。

効果やいかに

昨日ハンドルステムを交換し、今日はその効果測定を兼ねてジテツー。行きはお店のセッティングそのままに走ってみました。うーん、ちょっと状態が起きすぎかなぁ。そんな事より「デュラコン曲がってたから、直したよ」という右のレバーなんですが、ちょっと外側向きすぎのような…。すげぇ気になります。次回バーテープ交換のときに直しておこう。
で、帰りは前回と同じぐらいにハンドルを倒してみました。うむ、これはいい感じ。朝より上半身も使えるような気がします。これでいこう。

走行距離:34.1km
体重:72.8kg
体脂肪率:22.7%

しかし、いい感じで走れたつもりなんですが思いのほかアベレージが上がってなかったです。うーん、何なんだろ。ま、修行が足りんのですな。きっと。体重も72kg台になってきたし、もうチョイ頑張ろう。

2009-09-18

自転車に乗れませんでした

今日は休みだったので、ちょいと自転車に乗ろうかなぁなんて思ったのですが、前回のスカイラインでブレーキシューがかなり減ってしまったのを思い出し「楽しみより安全第一」という事で、自転車を担いで行きつけの自転車屋さんへ。行き着けといっても車で1時間以上かかるのが困り物です。
実はブレーキシューの交換のほかにも、以前から考えていた事を実行しようと思いまして。それはハンドルステムの交換。自分の自転車はサイズが自分にとってはちょっと大きく、ハンドルが遠い感じでポジションが少し間延びした感じ(あくまで主観なんですが…)なんで、ステムを短くする相談もあったのですよ。
で、行って見ると、ブレーキはこれが良いですね、ステムはハンドル1本分からはじめてみましょう、とすべてなすがままにされてきました。
実際の試走は時間の関係からできなかったのですが、お店の前を1往復した感じでは、かなりいい感じです。うーん、なんというか上半身が今までよりうまく使える感じがします。ブレーキは相変わらずキーキーいいますが、これはカンチブレーキの宿命か…。これからちょっと調整しよう。

明日は早番ですが、無理してジテツー行ってみようかな。

2009-09-16

ヒルクライム特訓 ~磐梯吾妻スカイライン~

今日はお休み。ちょうど妻がどうしても外せない用事があるとの事で、福島まで送迎のお役目をおおせつかりました。とはいえ彼女の用事はほぼ丸1日かかるので、その間は何もすることがありません。こうなればもう自転車で走るしかないでしょ。ちょうど次回しろくまさんと走るのがヒルクライムがメインのコースなので、ヒルクライムの練習のため、今まで一度も走った事がない「磐梯吾妻スカイライン」に行く事にしました。本当に人生初だったりします。

妻を所定の場所に送り届け、出発地点の「吾妻総合運動公園」に到着。自転車のセッティングを済ませいざ、遥か遠くに聳え立つ吾妻小富士へ!いやぁ、本当に遠いな。たどり着けるだろうか…?
ルートは、この公園から少し行くとスカイラインの入り口があるのですが、それではちょっと面白くなさそうなので、土湯方面から大きく回っていくルートです。まぁ「ちょっと面白くなさそう」なんていいながら、実は直でスカイラインに入るとかなり急勾配なのでびびってるだけなんですけどね。
運動公園から少し南下するとすぐにR115です。そこをいつものツーリング宜しく猪苗代方面へ。割合なだらかなんですが延々と続く上り坂にひぃひぃ言いながら、「道の駅つちゆ」に到着。ここでしばし休憩。地図を忘れてしまったので、間に合わせに観光用のパンフレットで道を確認します。うむ、大雑把過ぎてよくわからんが、まぁ何とかなるでしょ。…吾妻小富士いまだ遠し。
ここからさらに坂を上っていったのですが、この先の土湯トンネルは自転車は通れないし、その手前のトンネルも交通量が多くて怖い思いをするのはわかっていたので、再度道の駅に戻り旧道へ。旧道に入ると一気に交通量が減り、いきなりさびしくなります。まぁとにかく黙々と坂を上り続けます。
人通りも少なく、腹も減り、しかし一向に目的地は見えません。そろそろ、そろそろ戻ろうか…?またチャレンジすれば良いじゃん、と心が折れかけたところで新道にぶつかりました。ここで休憩。思えばこんな中途半端なところで降りられない。もう少しきりのいいところまで進もう。と思い、カクカクと笑う膝に気合を入れてさらに進みます。
相変わらず人通りの少ない道を突き進むと硫黄の香りとともに唐突に野地温泉が見えてきました。ふむ、一区切りとしては良いかもしれない。ちょっと走ったら引き返そう。と、ちょっと走ってみると・・・
はいきた。きたよこれ。目指すスカイラインの入り口です。ここまできたらもう迷いはありませんでした。すでに40kmほど急な坂ではないにしろ延々のぼり続け、なんとなく限界が近いような気もしますが、もうこれは上るしかないでしょう。写真を撮り、携行食を食べ気合を入れていざスカイラインへ!
あ、いきなり料金所ですね。はいはい。150円?はい。
さぁ!気合を入れなおして、いざスカイラインへ!
土湯側(猪苗代側?)からのスカイラインは、今まで通ってきた上り坂のような感じで、なだらかで、そして延々と続く、といった印象でした。しかし、ここまでで既にかなりやっつけられているのでしんどかったです。途中からどんどん雲行きが怪しくなってきて、雨がぱらぱら。気温も下がってきているようです。こんなときの為にと薄いパーカーを持ってきておいて良かった。
今日は平日という事もあって、スカイラインも車が少なく、ほぼ独占状態。しかし、この上り坂の長いこと…。気合を入れてきたもののさすがに精神的にも肉体的にもめげてきました。と、後ろからバイク乗り2名が接近。手を上げて激励してもらいました。不思議なもので、ただ手を上げてもらっただけなのですが、一気に力がみなぎりましたよ。さらに数分後にはしばらく顔を見せなかった吾妻小富士が。しかもあんなに近くに!

途中こんなところがあったので、浮かれて写真を撮ってみました。交通量少なくてよかった。
この特訓のフィナーレも近いようです。
そしてついに浄土平に到着!思わずガッツポーズです。しかし、寒い。先ほどの最高点から道が下り基調になってきたせいもあるんでしょうが、汗冷えもあいまってかなり寒いです。とりあえずレストハウスでお約束の玉こんを食し、あとは下るのみ。時間的にもぎりぎりな感じになってきました。
しかし、この下りが実は今回の特訓で一番きつかったです。風でどんどん奪われる体温。福島側はアスファルトが荒れていて、スピードを出すとどこかに飛んでいきそうでかなり恐ろしい思いをします。結果、かじかむ手でひたすらブレーキ操作をする羽目に。途中、手がしびれて感覚がなくなってきたりと、やばい思いをしながら何とか無事下山。グローブを外したら右手の手の皮が一部ぼろぼろに…。フロントフォークから伝わる振動の激しさを物語ってますな。ふむ、自転車でスカイラインを登るときは、きつくても福島側からのほうがよさそうです。しかし、あれほどブレーキがきかないとは…。途中の「エンジンブレーキを使え」的な看板が恨めしかったです。

走行距離:77.2km
体重:72.5kg(ぐらい)
体脂肪率:測定不能
公園に戻ると、どうも風呂に入って飯を食ってというのは時間的に厳しそう。妻を迎えに行かなくてはなりません。とりあえず公園の近くにある「あづま温泉」というところに行ってきました。料金は350円とかなりリーズナブル。ただし石鹸などは持込が必要になります。まぁ、受付で売ってましたけどね。冷えた体に染み入る熱さ。いいお湯でした。

いやぁ、今日は本当に疲れました。ただ、坂を上っていると疲労からスピードだのケイデンスだのと見ていられなくなり、それが返って今現在の自分の世界を「坂を上る」というシンプルな物にしていくのは面白い体験でした。とはいえもう1度スカイラインに上るかと聞かれたら、ちょっと勘弁して欲しい、と答えるでしょうけど…。
次はバイクでお気軽にいって、浄土平でも散策してきたいですねぇ。

2009-09-14

なにやら

今日もジテツー。特に変わり映えのしないジテツーでしたが、機能の整備やら調整がうまくいってて調子よく走れました。やっぱり整備は大事ですね。

走行距離:34.1km
体重:73.3kg
体脂肪率:23.5%

昨日は妻の買い物の間、スポーツ用品店をうろうろしていたのですが、そこで気になったのが加圧トレーニング用のウェア。短時間のトレーニングでかなり効果があるようです。うーむ、欲しいがしかし上下あわせて2万は高いような…。妻に言ったら「やめてください」とのこと。ふむ、地道に頑張るか。

2009-09-13

楽しい自転車整備

今日は天気が良かったのですが、妻も休みなので自転車であちこちでかけているとブーイングを受けかけないので、一緒にお買い物をし、その後ちょいと自転車整備をば…。
以前から気になっていたダンシング時の異音。ペダルかクランクかはたまたBBからか、「カチン、カチン」と音がするのですよ。ペダルは交換して間もないのでそれはないだろうなぁ、と思いながらも、一応外して自転車屋さんにもって行きました。結果、ペダルは白っぽい、とのこと。おそらくクランクかBBだろうという事で、半ば強制的に専用工具を買わされ自宅で整備開始。わけもわからずクランクを外し、BBを外し洗浄後グリスアップ。再度組み付け、試走…。ん?音がしなくなった。なんだかよくわかりませんが、調子が良くなりました。
その後、ワイヤーが伸びたのか変速の調子が悪くなったリアディレイラーの調整。やたらに鳴くブレーキの調整など、久々に自転車をいじったって感じの1日でした。

しかし、だんだんつぶしの効かない専用工具が増えていくな…。

ま、とにかく明日のジテツーが楽しみです。

2009-09-10

いつまでこの天気が続くのか

どうもどうも。今日もジテツー行ってまいりました。
昨日自転車を休んだおかげで、疲れを感じることもなく爽快に走る事ができました。ちょっと朝方足のだるさはありましたが…。

走行距離:34.1km
体重:73.2kg
体脂肪率:23.0%

ジテツーとはあんまり関係ないんですが、今月の連休は後半に休みを取ってまして。久々にどこかキャンプツーに行ってこようかと思ってます。どこがいいかなぁ、って考えているときが楽しいですよね。

2009-09-08

紅葉満喫ルート(仮)

しろくまさんと一緒に走るルートの候補を走ってきました。
実は、先月途中でパンクして引き返してきたルートなんですけどね。

それでは早速ルートの説明。自宅を出発してすぐにR114を福島方面へ。この時点でなだらかな上り坂が始まります。坂もだんだん急になってきたところでトンネル。前回はこのトンネルの歩道でパンクしたので、今回は恐々と車道を走ります。こんな山の中のトンネルの歩道なんて誰も通らないので、色々自転車にとって危険なものが落ちているようです。で、車道を通って難なくトンネル通過。トンネルを3つほど通り、県道30号線”浪江三春線”にスイッチ。この辺から坂はさらに急になります。そして程なくこの県道最大の難所であろう”小出谷の坂”に入ります。

自分は「激坂」の基準は良くわかりませんが、間違いなく自分にとっては激坂でした。なぜこんなところを通ろうと思ったのかと自分を呪います。途中写真撮影の名目で小休止。
小出谷の坂を死にかけながら登りきると、しばらくなだらかなアップダウンを繰り返します。そう、登り坂はまだ終わりません。きっともう一杯おかわりが欲しいはず。というわけでもういっちょ行きます。自分はこの辺で足だけでなく腕まで使い切りました…。しかしここを越えると同じぐらい急で長い下り坂が始まります。大体漕がなくても50km/hはでるかと。

坂を下り終えるとお店屋さんがあるのでここで大休憩。このルート唯一の補給ポイントです。

で、ここからはなだらかな下り坂が続く復路となります。昼尚暗い森の中、のんびり景色を楽しむ事ができるのですが、道が細くブラインドコーナーもあるので対向車には注意が必要。また、途中砂利が浮いていたりとするので、あまりスピードは出さないほうが良いです。

復路も終盤にかかってきたところで大きな駐車場などがある休憩ポイントがあるのでここで休憩。もうひと踏ん張りです。ちなみにこの道は”落合浪江線”。この道が終わると県道35号線に出ます。ここからちょこちょこと再び上り坂があります。そうです。とどめです。自分はこのとどめで足がつりそうになりました。自転車に乗ってて足がつりそうになるってのは滅多にないんですが今日はきましたねぇ。

走行距離:52.5km
体重:73.0kg
体脂肪率:23.7%

距離は大したことはないんですが、内容が激しいです。おそらく前半20kmは上りが続くと思って間違いないです。久々に全身使い切ったって感じです。
とりあえず、明日は晴れるようですが自転車はお休みします。

自作カーバイトランプ

ここ最近の工作の成果が出たので一応報告。



下のカーバイトタンクの密閉性が甘いのと、耐久性が未知数など色々課題は残りますが、とりあえず無事に点火してほっとしました。

ちょっと実用性に難ありかな。

2009-09-07

いやぁ、久々

今日もジテツー。3日連続のジテツーは1ヶ月以上振りだと思います。さすがにちょっと疲れがたまっていましたねぇ。なんとなく足がだるい…。でも、帰りは暗くなって飛ばすわけには行かないので、出勤時にできるだけ漕ぎ倒しました。

走行距離:34.1km
体重:73.4kg
体脂肪率:23.1%

気持ちの問題なんでしょうけど、昨日ひたすら坂を登ったせいか、今日のいつもの通勤ルートの坂は割りと軽く感じました。
明日は休み。いい感じで連続して乗れているので、休まず時間があればちょっと自転車で出かけてこようかなと思います。

2009-09-06

DUROを信じて

今日は早番。いつもなら途中でトラブルがあった場合の事を考えて早番の日のジテツーはやめておくのですが、今日はいっちょニュータイヤ「パナレーサー デュロ PT」の耐パンク性能を信じて行って来ました。



ちょっと出発時間が遅れてしまったので、いつものルートではなく”最短距離・時間最短”に加えひたすらアップダウンを繰り返す”最もきつい”山麓ルートで出勤。平日なら交通量が多い上にみんな飛ばしていくので危険なルートなんですが、今日は日曜日とあって交通量も少なく割合とその面では快適でした。タイヤとホイールを変えたせいか以前より坂が軽く感じられます。タイヤがなんかしっかりグリップしてる感じでした。とはいえ職場に着くころにはヘロヘロになりましたが…。あれですね。最後の平地区間で上下ピンクのジャージのローディに追いつこうと頑張ったのが止めって感じでした。

走行距離:33.1km
体重:73.1kg
体脂肪率:21.6%

早番だったため帰り道はいつもより明るいので、ちょっと冒険して”いつものルート+坂多め”で帰ってきました。まぁ、行きに比べると大したことはないんですが…。途中、石を車道側に跳ね飛ばしてしまいまして、その石が隣を走っていた車のバンパーあたりにヒット!いや、悪い事をしました。一応大声で謝っときましたが…。

今日は「パンク・即・遅刻」というシビアな条件でしたが、DUROは信頼に応えてくれました。いいタイヤです。まぁ、ホイールに入れるのにあんだけ苦労したのに(ツーキニストより大変でした。お気に入りのタイヤレバーダメにしたし…。)すぐにパンクしたんじゃ、単なるトンデモタイヤですわねぇ。

2009-09-05

問題なく通勤

今日はジテツー。なんだかんだで10日ぶりでした。思えば前回は途中でパンクしたっけなぁ。なんだかんだでちょいとびびりながら走って参りました。
しかし、季節柄朝晩は涼しくなって走りやすいですね。もうちょっとすると寒くなってくるんでしょうけど…。

走行距離:34km
体重:73.2kg
体脂肪率:21.9%

昨日は主に自転車磨きしたのですが、調整とかまではしなかったせいで今日はどうもブレーキとリアディレイラーの調子がいまいち。ブレーキは鳴くし、リアの変速のレスポンスが悪いです。帰りは暗くなって飛ばして帰れるわけでもないのでコンビニがあるたびにちょっとずつ調整しながら帰ってまいりました。
なんか、ブレーキの調整が簡単にできる道具ないかなぁ…。

2009-09-04

自転車に乗れず

今日は休みだったのですが、どうも天気が思わしくない。弱い雨が降ったりやんだり…。予定では自転車を整備して、山のほうに走りに行くつもりだったのですが、どうも無理みたいです。ただ、天気は悪くても自転車の整備はできるのでしろくまさんのブログにあったやり方をやってみました。自転車用のチェーンルブは持ってないので、そこはZOILのスプレーオイルで代用。いや、簡単でこんなにきれいになるなんて…!いままでパーツクリーナーとか使って苦労していたのが馬鹿らしくなるほどでした。しろくまさんありがとう。色々勉強させていただいてます。

さて、こんなにあっさりと終わるとは思ってなかったので、後は何しようって事になるんですが、何気にここではかけないような色々な工作がありまして、電動ドリルやら金鋸やら半田ごてを駆使して楽しい工作にいそしんでました。

さて、明日は自転車通勤行ってきますかねぇ。