2008-12-31

皆様よいお年を

いやぁ、今年ももうすぐ終わりですね。
今年も色々ありました。

自分はこれこのように自転車や写真を始めて趣味の幅が広がった1年でした。
意外と写真って言うのは、ほかの趣味との親和性が高くて、長く続けられそうですね。

色々書きたい事がありますが、これから忘年会&新年会なのでこの辺で。

それでは皆様よいお年を。

2008-12-28

RICOH GR DIGITAL II


ここ最近、ほぼ毎日新しく買ったカメラ、GR DIGITALⅡをいじっています。
本格的なカメラって言うのは初めてなんで、色々なモードやら設定やら説明を読んでもいまひとつピンとこないので、とにかく撮影をして体験して覚える、といった事を繰り返してますが、自分の場合、理屈から入らないと納得できない性質なんで、雑誌など買って勉強する必要がありそうです。
ただ、カメラ任せでも結構きれいな写真が取れるので、撮るたびに買ってよかったと思う日々です。後は、自分の腕を上げればさらに満足感が高まりそうです。
とりあえず、昨日はボタン配置をいじりました。Fnに画質・サイズ。ADJに画像設定・WB・ISO・AF/MF。ズームに露出補正。ほかに便利機能にMY1とMY2とよく使う設定を登録できますが、今のところ模索中なので後回しって所ですね。こういう設定をすると、カメラを使うのが楽しみになってくるし、愛着がわいてきます。カメラってこんなに楽しいものだったんですね。今まで損してたかも。
ん?このままインプレにいけそうかな?

実はこのカメラ、「家電批評」って雑誌で2008年のワーストバイに選ばれてしまっています。理由は「たいした進化してない」「ズームも手振れ補正も無い」といったもの。自分もその辺が気になったのですが、以前書いたようにちょっと上を目指したいところに、まれさんのオススメであり、兄の助言もあって購入に踏み切りました。まぁ、実際のところ、一番背中を押してくれたのはあるブログで、自分がいつもカメラケースとして使用しているボブルビーのアニアラに入るって言うのが決め手だったりします。それまでは同じリコーのGX200とかなり迷ってました。

で、結局買ってみての感想は、「家電批評」でワーストと取り上げるほど悪くないって感じですね。むしろ毎日楽しませていただいてます。確かに手振れ補正が無いのは不便と思うことも多々ありますが、これは自分の腕が無い証拠です。ズームが無いのは今のところ困ってません。カメラの基本性能以外のところに頼らず、自分の腕で勝負って言うのはなんとも潔いではありませんか。修行で強くなった昔の仮面ライダーを思い出します。今の仮面ライダーはアイテムでバンバン強くなっていくし。教育上よくないよね。
話が逸れたところで、以上初心者のインプレでした。いやぁ、ほんとにこれ楽しいですよ。

2008-12-24

待ちきれず


買ってしまいました…。

いきなり食われてますが…。

とりあえず報告まで。
色々いじくってみます。

2008-12-20

スキー

今日は職場の方々と今シーズン初滑りに行ってきました。今まではずっとボードだったのですが、昨年からスキーに転向です。
転向の理由は、雪遊びに行っているのにお金を払ってゲレンデを行ったり来たりするのに疑問を感じ始めたからです。雪なんてゲレンデに行かなくてもどこにでもあるし、自然を満喫する方法はいくらでもあるんじゃないだろうか?と思い始めていたときに、アウトドア用品店でファンスキーサイズのテレマークスキーが安売りしていたのを発見。切り替えで普通にファンスキーとしても使えるもので、これなら敷居が低そうだ、と思い購入。とりあえずスキーができなきゃ仕方が無いので、練習(いつかはバックカントリーへ)と楽しみをかねて今はスキーをやってます。
で、今日は宮城蔵王のすみかわスノーパークへ行ってきました。暖冬のためかどこも雪の量が少ない中、ここは最大で100cm積もっているのがいいところです。雪上車でバックカントリーツアーをやっているのにも興味がありました。風も弱く、天気も最高。はるか彼方に金華山(多分)まで見えましたよ。気温は高めでちょっと動くと暑いくらいでした。
暖かいのはいいのですが、もうちょっと雪が降らないもんですかねぇ。ウィンタースポーツを楽しむ自分たちにとって温暖化対策は重要な事ですね。

2008-12-19

脂肪肝治りました

会津で一人暮らしをしている時に、不摂生な生活がたたって脂肪肝になっていたんですよ。酒も飲んでいないのに…。どうやら、米でお腹を満たしていたのが原因らしいです。で、それ以来、毎年検査で引っかかっていたんですが、今年は肝機能が見事に正常値内に!すばらしい。これも自転車のおかげですねぇ。
しかし、明らかに自分より肥満なのに、検査データ引っかからない人もいるわけで。人には持って生まれたキャパシティがあるって事なんでしょうね。うーむ、人体は不思議だ。

2008-12-15

マット

前回はシュラフについて書いたので、今回はマットでも。

キャンプにおいて寝心地を左右するのはテント・シュラフ・マットです。以下に快適に眠れるかって言うのは、次の日の体調に影響する非常に重要な要素ですね。自分の場合、一番迷走したのがこのマットかもしれません。
一番最初に手に入れたのは定番の銀マットでした。銀マットは安価で、なによりも『旅をしている』という雰囲気作りに最高です。が、それほど厚みが無いので地面の凸凹が気になるし、保温性があまり無いので夏場は良いとしても、寒くなってくるとちょいと役不足。そして小さくなりにくいので荷物がかさばる…。次第にネガティブな要素が気になり次のマットを探す事になりました。

色々情報を仕入れていると、サーマレストという会社のセルフインフレータブルマットが良いらしいという事に落ち着きました。バイク用にコンパクトになるものを…と探していたのですが、何せ値段が高い。何とか妥協点を探して、ちょっとかさばるけど、エクスプローラー(もう廃盤?)をオークションで購入。現在のラインナップで言えばこの辺↓でしょうか?

値段はちょいと高かったのですが、厚みがあり寝心地も申し分なし。晩秋のキャンプでも寒い思いをする事は少なくなりました。これを使ってからはもう銀マットには戻れないですね。しかし、やはり収納サイズが気になり始め、もう少しコンパクトで値段が安い物は無いものかと考えながら、たまにアウトドアショップに行けば物色する日々が続きました。
で、ある日見つけたんですよ。アルティアックのスキンマットが現品限りで安売りしているのを。何も考えずに購入しました。しかし、これは失敗だったかもしれません。自分の体はすっかりサーマレストの厚さ3.8cmに慣れていたため、このスキンマットの2.5cmじゃ快適さを感じなくなっていたのですねぇ。とはいえエクスプローラーよりも断然コンパクトなので、暖かい季節は重宝しました。多少寒くても工夫でのりきったり、結婚したらエクスプローラーを妻に奪われたりで、しばらく使い続ける事に。
しかし、自分が寒い思いをしているときでも、次の日に妻に「いや、寒く無かったですよ」とか言われるとなんかもうね、限界を感じ始めるわけですよ。またしても次のマットを探す事に…。
スキンマットの失敗を生かし、今回は情報をできるだけ集め、単なるスペックだけではなく構造などよく考えて購入する事にしました。で、結局行き着いた先はサーマレストになるわけです。今回はケチりませんでした。あの時、サーマレストのインフレータブルマットを買おうと思ったときにあこがれたあのマットです。

サーマレストのプロライト4です。コンパクトにして厚さ3.8cmとはいえ内部はスカスカではなく保温性もしっかりしている。そして値段が高い。しかし、間違いは無い。ちょいと欲を言えば自動膨張でもう少し膨らんでほしかったかなぁ。最後に自分で息を吹き込む必要があるようです。

以上、こんな自分の迷走が誰かの参考になれば幸いです。収納性をあまり考えなければ、プロライト4よりエクスプローラーのほうが寝心地は良いですね。コンパクトにするために内部に穴が少ないせいだと思います。収納性重視ならプロライト4ですね。当たり前の話ですが、これを実感するために散財しましたねぇ…。

最後に…キャンプでの快適性は金で買える。キャンプでの体験はプライスレス。

2008-12-11

カメラ

突然ですが、自分には兄と弟がいまして、この兄の趣味がカメラなんですよ。で、自分の結婚式のときなんかに、大きくて高そうなカメラを持ってバシバシ撮ってもらっていました。さすがに雑誌に写真が載ったこともあるので上手です。機材も凄いですけど。結婚式に来たプロのカメラマンとあまり変わりない装備だったような…。
なぜこんな話になるかというと、このほどこの兄がやっと結婚する事になりまして…おめでたいんですが、問題は写真です。今までは兄に写真関係任せておけばよかったのですが、今度は自分が撮らなくてはならなくなりました。…あの装備を使いこなせって?ストロボをあっちに向けたりこっちに向けたり、なんか風船みたいなのつけたり…コンデジ適当に撮っていた自分にはまったく意味不明なんですが…。
というわけでちょっとカメラについて勉強してみました。結論としては、一朝一夕でどうにかなるもんじゃなさそうって事なんですが、少なくともわけのわからなかったストロボの使い方について知る事ができただけでも前進かと思います。

で、色々カメラの事を知ってくると、自分が使っているコンデジに不満が出てくるんですよ。まぁ、防水・防塵や耐衝撃性能を謳ったカメラなので、レンズとかそういうところは目をつぶるべきなんでしょうけど、もうちょっと、いい写真を撮ってみたい、という欲が出てきました。ちょっと調べたり、兄に意見を聞いたりして候補としてこんなものがあがりました。



どうなんでしょうね。詳しくはわかりませんが、ほかの方のレビューなんか見ると『写真を撮る事自体が楽しくなるカメラ』のようです。今までの自分の場合、写真は単なるメモや記録だったのですが、これならそこから脱却できそうな気もします。とりあえず、ボーナスと初売りに期待といったところでしょうか。

2008-12-10

久々にまともに乗りました

今月に入って、休みの日になると天気が悪かったり、看護協会の研修があったりでなかなか乗れませんでした。今日は午前中に車のタイヤ交換をして、天気がよかったので買い物がてらいざ出発。12月とは思えないほどの気温で走りやすかったです。でも確実に筋肉は落ちている模様…。

走行距離:44km
体重:72.1kg
体脂肪率:22.7%

間があった割りには体重・体脂肪率ともに変化が無くちょっとびっくり。しかし通勤に使えないと思いのほか乗れないものですねぇ。

2008-12-08

mont-bell(モンベル) スーパーストレッチダウンハガー#3




今現在メインで使用しているシュラフです。このシュラフに行き着くまで封筒型やら化繊のマミー型を使用していました。これらのシュラフの問題となるのはやはり携行性でしょうか。どうしても大きくなってしまいます。まぁ、1泊程度のキャンプツーリングならさほど問題ではないのですが、3泊以上となると、着替えやら何やらでどうしても荷物が増えてしまいますし、それがちょっと寒い季節だったりすると積載量が限られている分深刻だったりします。そこでどうしてもダウンが候補に挙がりました。
で、何ゆえモンベルか、という事なんですが、いつもお世話になっているバイク屋さんが代理店だったという理由もあるのですが、それ以上にモンベルのシュラフにはLジッパーとRジッパーの選択ができるからなんですよ。
人によって右利き左利きがあるので、シュラフを閉めるときに右手でやりたい人、左手でやりたい人がいるでしょうけど、自分の場合、キャンプツーリングは妻と二人で行く事が多く、このときにシュラフの連結ができるのが大きいです。いや、決していやらしい意味ではないですよ。本当に。ちょっと寒いときなんかお互いに熱源にできるのは結構快適性が上がります。
#3を選んだのは実際にキャンプツーリングに行ける時期の気温で言えば、この辺が限界でしょうし、たとえこれ以上に下がったとしても工夫しだい(使い捨てカイロを貼り付けるとか、インナーシーツを持っていくとか)で何とかなるという判断からです。
で、実際に使ってみてですが、はやり化繊よりはコンパクトになります。快適睡眠温度は0℃ということですが、自分はそこまで行くとちょっと寒さを覚えますかねぇ。まぁ、寝るときの格好が問題なんだと思いますが。そこをちゃんとすれば、3シーズンシュラフとしては優秀です。難点を一つ挙げるとすれば使う度にダウンが飛び出してくるところですね。連泊するとテントの中にダウンが思いのほかたまって、これって使えば使うほど保温性能落ちてるんじゃ…とか思ってしまいます。どうなんでしょうね?
総合的にコストパフォーマンスはいいほうなんじゃないかと。寝心地はシュラフのほかにマットにも依存する部分が大きいので、一概には言えませんけどね。

2008-12-03

11月のまとめ

11月は自転車通勤自粛したためにさすがに距離も伸びなければ、体重も変化なし。しかも休みの日でも乗れないときもあって、今後がかなり不安です。

総走行距離:245km
体重の変化:71.7kg→71.9kg
体脂肪率の変化:23.2%→23.4%

さて、12月はどうなる事やら…。そろそろスキーシーズンだし、自転車に乗る回数はさらに減りそうな予感です。