2007-05-14

田植え


昨日は妻の実家(車で3分)の田植えを手伝ってきました。
自分の家では稲作をやっていたこともあるのですが、期間も2年ほどでほとんどやってないも同じ。親戚の家に手伝いに行ったこともありますが、それでもほぼ20年ぶりの田植えでした。
朝、寝坊して気まずい中で作業開始。と思いきやいきなり休憩。なんか休憩に来たみたいでさらに気まずさ倍増です。今回、初心者は自分だけかと思ったら義理の妹の彼氏も来ていました。しかも郡山から・・・ご苦労様です。で、初心者の男2人に主に任された仕事は田植えで一番ハードといわれている苗箱から出ている苗の根切り。確かにこれは腰にきます。が、自分としては白い根が綺麗に切れるのが羊の毛刈りみたいで楽しかったです。
この家の田植え機は他の家に比べて速かったです。たまに見物人も来るくらいでした。そういえば去年手伝った稲刈りもえらい速いコンバインだったなぁ。地域の農機最速でも狙っているのだろうか・・・。義理の父は元バイクのりなので、そういう話もありそうで怖いです。ちなみに口癖は「死ぬまでにGLに乗ってやる」で、この日も2回ほど聞きました。
で、1日終わるとさすがにもうヘトヘト。作業が終わった後には恒例のお酒のみがあったのですが、疲れきっていたので早めに切り上げさせてもらいました。義理の妹の彼氏は座ったまま寝てるし、これから郡山まで帰るんだから早めにお開きにしないとやばそうだったしねぇ。
いや、思ったより田植えは楽しかったです。まぁ、これは手伝いというお気楽な立場からの意見なんでしょうけどね。いずれにせよ豊作になるといいなぁ。

2007-05-08

焚き火台S

皆さんご存知のように現在、ほとんどのキャンプ場では直火での焚き火は禁止されています。まぁ、理由は色々とありますが、その辺はここで語らずとも、ということで、今回はスノーピークの焚き火台Sのインプレです。

実はこれを手に入れるまで、色々購入していました。まず、ユニフレームのネイチャーストーブ。非常にコンパクトでツーリングのときにもたいした荷物にならない優秀なものだったのですが、暖をとるにしても入れたものが燃えすぎるので非常に忙しいし、灰が下にたまると一気に燃焼効率が悪い。それじゃ燃えすぎなくてちょうどいいじゃないかといわれるかもしれないけど、物が小さいので暖かくないわけですよ。あと、華奢なので調理にも使えないなど、実用的ではなくいつしか使わなくなりました。まぁ、おもちゃとしてはよかったんですけどね。あぁ、あと地面からの高さが無いので芝を焼いたりしてしまうのもよくなかったです。
次に購入したのがコンパクトストーブVHS。ちょっと高かったけど、ネイチャーストーブには無い実用性が備わっていてなかなかよかったです。それなりにコンパクトだし、炭を使っての調理や暖をとったりなどいい働きをしてくれました。残念なのは熱で段々と歪んでしまい、組み立てのときに緩んでうまくはまらなかったり、使用中に崩壊しそうになったりと耐久性がいまひとつでした。アイデアとかよかっただけに残念です。


で、焚き火台に行き着きました。これは友人たちに結婚祝いでもらったものです。「何が欲しい?」と聞かれ「焚き火台S」といったら本当に買ってきました。半ば冗談だったのですが・・・。
こうしてみると徐々に大型化していますが、ネイチャーストーブには無い実用性、シンプルな構造だけにコンパクトストーブVHSには無い耐久性を備えています。大きさ、重さは上記2つに比べてかなりなものですが、バイクツーリングに持っていけるぎりぎりのサイズ(自分の持っているサイドバッグにすっぽり入る)大きさですし、バイクなので重さもあまり気になりません。まぁ、駐車場からキャンプサイトが遠かったりすると大変ですが・・・。


ただし、これ単体で使っていると色々不満も出てきます。寒い日にこれの上に炭を熾し、鍋をのせるとせっかくの熱が体に当たらなくなったり、鍋をどかして炭を追加するのも気を使います。となると様々なオプションが欲しくなりスノーピークの思惑にはまるのがなんとも気に入らないというか心地いいというか・・・。まぁ、自分は早速はまって色々買ったりしましたけど。

焚き火台Sはソロ用としては完全にオーバースペックですが、自分のようにキャンプするときは2人以上なら持っていて損はないと思います。

2007-05-06

GW


世間様ではゴールデンウィーク最終日となりましたね。自分は仕事柄、盆暮れ正月も無いのであまり関係ないですが・・・。GW中も休みはあったはあったのですが、どこに言っても混んでるのはわかってるし、平日休みがデフォの自分としてはあまりおいしいところが無いので、郡山市に買い物に行ったりとか、家でダラダラ過ごすことに終始していました。いうなればいつもの休みと変わりなし、といったところでしょうか?
そんな休みの中、スーパーで面白そうなものを発見。「ピザ生地ミックス」というやつで、まぁこの粉末と水、油があればピザ生地ができ、さらに醗酵時間もあまり要らないというお手軽なものです。しかもフライパンでできるらしい。これはキャンプに使えるんじゃないかということで早速実験。
自分の場合、ダッチオーブンがあるのでこれでいってみる。スキレットもあるんだけど今のところキャンプじゃ使わないし・・・。で、やってみたところピザってなかなかいいですね。水もあまり使わないし、洗い物も少なくなるし意外にキャンプ向きの料理じゃないでしょうか?まぁ、炭が必要だったりするのはキャンプツー向きじゃないかもしれませんが、最近炭持参のキャンプがほとんどなのであまり苦じゃないし、これから暑い季節。ダッチオーブンで鍋もつらいので、ちょっとピザを頑張っていこうかと思います。

2007-04-29

interphone

昨日届いて装着。装着の実際と感想は昨日の日記を参照してください。
今日は実際に使ってみてどうだったか、ですが結論から言うとかなりいいです。

いままでヤフオクで売ってるモトローラなどのトランシーバーを使ったりしていましたが、音声がクリアに聞こえず何をしゃべっているかわからないためお蔵入りになっていましたが、これはかなりクリアに聞こえますね。今日は風が強く、そのため風切音で聞こえにくい場面もありましたが、それでも十分実用レベルです。高速に乗っていないので高速走行時の状況は残念ながらインプレできませんが、この状況だとちょっとつらいかなぁ、という印象あります。ただ、自分も妻も見てのとおりオフ車&オフメットな為、車種とヘルメットの形状によっては問題ないかもしれません。また、トランシーバーのように交互に話すのではなくて携帯電話のように2者同時に話すことができるので、とっつきやすかったのも好印象です。

話せる距離については下道なら相手が見えてる限りは大丈夫そうな印象です。

操作については機械音痴なうちの妻でも「わかりやすい」との感想だったので、簡単な部類でしょう。なにせスイッチ入れれば電源が入り、待機状態。次に同じスイッチ長押し→ピッという音が2回鳴ったら手を離す→ピコンと音が鳴ったら通話可能。簡単です。

見てのとおり、本体・スピーカー・マイクとすべてのものがヘルメットに取り付けられるわけですが、重さはほとんど感じません。スピーカーは内装と外装の間に取り付けますが音量を上げれば十分聞こえますし、多少耳側に圧迫感はあるもののすぐに慣れる程度で気になりませんでした。また、本体は防犯のため簡単にに取り外せる構造で安心できました(裏を返せばつけっぱなしにしておいたら簡単に盗まれるってことですけどね・・・)

残念な点としては、このinterphoneには親機・子機(ペアリングのときにユーザーが決める)があるのですが、ブルートゥースを使って2人同時に音楽を聴いたりといったことはできませんでした(聞けるのは親機のみ、もしくはどちらか片方のみ)。まぁ、これはきっと自分の勉強不足で変に期待していた点だったのかもしれないですけど。

で、結果として一番欲しかったもの、購入の動機でもあった「妻の居眠り対策」ですが、十分その役目を果たしてくれました。久々に妻に居眠りされずに家に帰ることができました。
interphoneはその価格の高さが一番マイナス面として挙げられますが、他の点ではとてもすばらしいです。導入してよかった~。

2007-04-28

と思っていたら

いきなり今日届きました。
夜勤から帰ってきてメールをチェックしていると、なんと信じられ無いことに発送のメールが!
しかも、配送状況を見てみると、自宅に配送中!いつもなら眠気が襲ってきて寝ているのに、今日はワクワクしながら待っていましたよ。

で、待つこと2時間。佐川急便のトラックが来るのを2階で監視しているとついにキター!玄関で待ち構え荷物を受け取ると丁寧にお礼をいい早速梱包をあけると、そこにはお待ちかねのinterphoneが!












とりあえずマニュアルにさっと目を通し、まずは2台をペアリングする作業。1度は失敗したものの、2度目で成功。あいにく今日は妻が仕事のため一人で「あーあー」とか言いながら、当たり前のことに感動する。次にPDAとのペアリング。詳しいやり方はマニュアルに載っていなかったけど、携帯電話とのペアリングのやり方を参考にしたら問題なく成功。音楽をかけると切り替えボタンでPDAから音が出たり、ヘッドセットから音が出たり・・・いやぁ、ブルートゥースってすごいですね。でも、これってPDAからの音声を聞くモードにしていると相方と通話できないし、通常の待機モードではPDAが何か言っても聞こえないし、いまいちですねぇ。何かうまい運用方法があるのだろうか・・・。携帯とのVOX設定とは違うようだし、今後の課題ですね。

とりあえず今日はセッティングまで。明日ちょっとお出かけしてみます。


それから、今日、弟が帰省してきてお土産に今日から始まった2007年東北道の駅スタンプラリー帳を持ってきてくれました。兄の好みをよくわかってくれる憎いやつだよ、ホント。

2007-04-26

届かない・・・

今月の初めにこんなものを注文しました。

自分のPDAはブルートゥースを搭載しているからこれでナビの音声案内が聞けるし、なにより一番は妻の居眠り対策。
注文したときは「メーカー取り寄せなので13日以降の発送になります」といっていたのが、16日を過ぎたころに「製造が遅れている」という理由で23日以降の発送に。そして今日・・・「生産ラインのトラブルによりさらに納期が延びる」とのこと。しかも今回は「何日ごろに発送」という明確な日付が無い状態。
まぁ、そんなに急いでいるわけでもないけれど、こんなに焦らされるとなぁ・・・。いつになったら届くのだろうか・・・。
キャンセルして他の店・・・と思ってみてみると、どこもほとんど品切れなのでやはり待つしかなさそうです。残念です。

めでたく届いた暁にはできるだけ早くインプレしたいですねぇ。

2007-04-23

堀払い


なんだかんだで1週間以上も更新をサボってしまった・・・。先週はほとんど休みも無くぐったりしていたのですよ。そんな中、昨日は地域の堀払いという作業に参加してきました。いわゆる人足というやつです。
堀払いというのは田んぼの用水路の整備、つまり土砂で浅くなったり、浅くなったところに生えた雑草を取り除いたりといった作業のことをさすようです。自分の家は農家ではないのですが、生活用水を流すのにこの用水路の一部を使っているのでこういったことに参加しなくてはならないのです。
水を吸って重くなった土砂をスコップで下から上へ運ぶ作業はなかなかつらいです。昨日の天気は午前中は花曇といった感じ。近くの県道をマスツーリングの方々がバンバン通るのはちょっとつらかったです。でも、用水路のほうに目を向けると新たな発見がありました。それはここ20年ほどお目にかかってない様々な水生生物、タニシとかドジョウとかザリガニとか久々に見ましたよ。いやぁ、田舎ですね。懐かしい気分に浸ることができました。

で、このことを昨日のうちにアップすればよかったのですが、何せすっかり疲れきってしまい、夜にやろうと思ったら義父が来てお酒のみになったりとやれず仕舞いだったのですよ。
そんな田舎の休日でした。

2007-04-15

お祭り


今日は近くの山の近所では「山の神様」と呼ばれる山の上にある神社のお祭りでした。自分の家では代々山に登ってお札をもらってきて近所に配ったりとしていたわけですが、最近では父のひざの具合が悪く、山登りはもっぱら自分の役目になっています。というわけで行って参りました。
昔は遠くからバスツアーが組まれるほどの人気スポットだったそうですが、今となっては参拝客もまばら。とても信じられません。
往復1時間ほど、すれ違いもできないような狭い山道を登っていきます。神社に着いたら名前を言ってお札をもらいます。神社からさらに上に上ると御神体と思しき岩があるんですが、ここからの眺めはなかなかのものです。
海が見えるので朝日が昇るころには海がきらきらと輝いて絶景だそうですが、自分はとてもじゃないがそんな時間に起きれません。まぁ、そのうち見てやろうとは思いますが・・・。

2007-04-14

iPAQ rx5965

以前mixiでインプレしたPDAをもう一度ここでやろうかと思います。需要あるかもしれないし。

冬のボーナスでPDAを買いました。iPAQ rx5965ってやつです。
実は以前からバイクにもつけられるナビとして回転系の記憶媒体を使用しないいわゆる「トイナビ」ってものに注目していたのですが、ついに我慢しきれずの購入でした。
買ってから1ヶ月の感想としましては、おそらく、ナビ専用機には遠く及ばない性能かと思います。なにせ、入っているソフトの会社が評判悪い。実際に3回のアップデートでようやく使えるレベルになったし。しかし、ナビ専用機には無い汎用性はあります。ベッドに入ってから、ちょっとした調べものをしたいときなんかは無線LANを使ってネットをしたり、暇なときに電子ブックを読んだり、スケジュールを打ち込んだり、笑える動画を持ち歩き、飲み会のときのネタにしたりと、今のところいい遊び道具です。
バイク用のナビ、となると運用に工夫が必要で(防水・防振など・・・その試行錯誤が楽しくもありますが)難がありますが、おもちゃとしては優秀です。

このカテゴリーは、これからいろんなメーカーが参入してきそうで楽しみです。実際、自分がこれを買ったときよりも選択肢が多いですからねぇ。現時点ではバイク用ナビとしてはホンダのGathers Mが最強ですかねぇ。値段も高いですが。

ログとりについては、付属のナビソフトでもログ取りはできるのですが、容量が心配ですし、いちいち取り出す作業も面倒なのでGPX Logger For Mioというソフトを使っています。
このGPX Loggerはログの容量も少ないですし、ログの保存場所も直接SDカードを選択できるので導入に踏み切りました。
本来はMioというトイナビ用のものですが、同じWM5ですし、rx5965で使用している方も居るようなので…。普段はgoogle earthと組み合わせて家に帰ってから楽しんでます。この間の牡鹿半島ツーリングのときなどは、こんなにくねくねした道だったよなぁ、とか早速思い出にふけってみたりしてなかなか楽しいですよ。デジカメの画像と一緒にしておくといい記録になりますし。
しかし、これから暑い季節を迎えるにあたり、ちょっと問題が・・・。ずばり熱対策ですね。自分はバイクの固定に弁当箱を使っているのですが、防水は問題ない代わりに放熱に問題あり。実際、前回のツーリングで長時間(駐車中に)直射日光にさらしていたら熱のためシステムを閉じますという内容のエラーメッセージが・・・。夏場はどうしたものか考え物です。素直にzipロック+RAMマウントとかにしたほうがいいのかなぁ。

2007-04-12

東北道の駅制覇計画

山形県アップ完了しました。

こちらからどうぞ。

今年はまだスタンプラリーが始まっていないのですよ。
道の駅に寄ったら全国的に「道の駅記念切符」ってのが売っているらしく、それ専用のファイルとかも売っていて、自分的にはかなりそそられました。やばいやばい。

しかし、その切符のためにスタンプラリーをやらない、とか言われるとつらいものがありますねぇ。
実際、切符のほうが商売になるんですよねぇ。
切符が160円。ファイルケースが1500円。中に追加するファイルが400円だったかな。
方やスタンプラリーの台帳は例年100円。
さらに、切符は道の駅が開いてないと購入できないが、スタンプラリーの方は営業時間外でもスタンプを外に出しているところもあれば、スタンプを押した紙を出しているところもある。
つまり、スタンプラリーは商売につながらないこともあるが、切符はそうでもない。
自分としては色々なデザインの特色あるスタンプを集めるのが好きなので、できればスタンプラリーはなくなって欲しくないです。
今年も早く開催してくれないかなぁ。

2007-04-11

花見


釣行は不発に終わったし、時間もあるし天気もいいので花見に行くことに。
今年のこの地方の桜は所によってまばらに咲いて終わっていたりとなんとも変な感じ。これも暖冬の影響なのか?はたまた咲き始めてから寒い日が続いたせいなのかそれはわからないが、あまり綺麗な桜が見れないのは残念なことです。幸い近くの土手にいいところがあったのでのんびりと見に行くことに。
その後バイク屋さん(釣りの先生)のところで暇つぶし。
それからまだ芝生も生えてないのに手動芝刈り機をホームセンターに買いにいったりとまったりとした休日を過ごしました。
さて、明日からまた仕事か。。。

07シーズン初釣行

今年も渓流釣りのシーズンがやってまいりました。
友人とは16日に釣りに行くことになっていますが、今日は肩慣らしに近場の渓流に行ってまいりました。
結果は・・・







ボウズです・・・。さすがは激戦区。なかなか釣らせてくれません。というかあまりいいサイズの魚影が見えなかったです。ほとんど稚魚?まぁ、今日はリハビリみたいなもんなんで次に期待ですね。

2007-04-09

牡鹿半島(?)キャンプツー

去る4月7~8日に妻と一緒に牡鹿半島方面へキャンプツーに行ってきました。

◆いつもは夜勤明けでの出発で、キャンプツーというと何とか陽のあるうちに現地到着→キャンプ→帰るだけというパターンになっており、妻から「観光しても良いのでは?」という話もあり、それももっともということで2連休を取り、朝早めの出発という事になりました。天気予報はあやしい感じだけど、朝はなかなかの晴れ模様。
今回は、今年に入って新規購入したPDA(iPAQ rx5965)でのナビとログとりの実戦でもあります。


◆途中コンビニで休憩。と、すでにマスツーの集団が居ました。その中の何台かはどうも見覚えがあるような・・・と思って見ているとどうやらお世話になっているバイク屋さんのお客さんらしい。向こうも自分に気付いて色々話しかけてきた。なにやら行き先は同じく牡鹿半島らしい。とはいえ向こうとはペースが違うので、そうそう会うことは無いだろう、とこのときは思ってました。

◆その後、大きな出来事も無く渋滞の松島など下道を淡々と進み、石巻で買出し。朝早く出たので、この辺でまだお昼前というのがうれしい限り。いつもなら 14時回っている感じです。買出し後、妻が前を走っている自分を(なぜか)見失い、あらぬ方向へ行ってしまったりといったトラブルもあったが、何とか牡鹿半島へ入ることができました。途中の電光掲示板によるとコバルトラインは通行止めとの事。前回来たときも地震の影響で通行止めだったが、いったいいつまともに通れることやら・・・。仕方なく今回も細い道を行くことに。でも普通の県道のほうも整備が進んでいるらしく、前回より通りやすい道になっていました。
で、ホエールランドなどがある鮎川港に到着。ここで昼食にしようと以前バイク屋さんに聞いていたお店に行くと、またしても見たことのあるバイクの集団が・・・。お店に入ると・・・お互い顔を見合わせて笑ってしまいました。ここでいくら丼を食べ(味は可もなく不可もなし)、次に御番所公園へ。




◆御番所公園は牡鹿半島のビュースポット。天気もまずまずでなかなかいい景色を楽しませていただきました。また、いろいろな遊具もあり、それでひとしきり遊んだり・・・。うーむ、余裕がある。というのも、この後は数キロしか離れていないオートキャンプ場へ泊まる予定なので、後はテントを建てゆっくりするのみ・・・。





景色を見て・・・









いい歳こいた大人が二人遊具で楽しむ。






◆しかし、話はそううまくはいかなかった。牡鹿町家族旅行村に着き「キャンプしたいです」というと、「今日?今日はだめだよ。警備の都合があるから予約してもらわないと。申し訳ないね」とのつれない返事。幸い時間もあったし、気を取り直して次のキャンプ場を探すことに。いやぁ、早めに出てきてよかった。これが後2時間遅れの出発だったらもうあたり真っ暗ですよ。
牡鹿半島ではここがだめだったらもうあとはキャンプ場は存在しないので、是が非でもここから出なくてはいけないです。戻るか、さらに北上するかで迷ったが、戻るというのも精神的につらいのでさらに北上しツーリングマップルにのっている神割崎キャンプ場へ向かうことに。早速失敗から学び連絡すると今日は大丈夫との事。さぁ、出発だ!

◆コバルトラインは使えないので、北上するため半島の外側のくねくねした道を通ることに。最初はイヤなんだけどだんだん楽しくなってくるから不思議。2時間ほど三陸のリアス式海岸の道を楽しみ、神割崎キャンプ場に到着。受付を済ませ、バイクは乗り入れ禁止なのでバイクを外に出そうとすると、管理人のおじさんが「今日はあんたらだけだから、バイクは中に入れて良いよ。そのほうが安心でしょう。」とのこと。先のオートキャンプ場がつれなかっただけに、この言葉に2人で感激。厚意に甘えて指示の場所にバイクを入れてテントを設営。
このキャンプ場はオートサイトとフリーサイトが完全に住み分けされていて、フリーサイトはとにかく面積がでかい。バイクが乗り入れできないと結構歩くことになるので(リアカーはあるけど)なかなかつらいです。バイクからも離れてしまうし・・・。しかしこんなことがあるからオフシーズンのキャンプはやめられないのよねぇ。他にも理由があるけど。
夜は結構冷えるので焚き火台で暖を取りながら、鍋物を作ったりでなかなか楽しくやりました。



◆次の日は早めに起きて朝食を作り、撤収開始。どうも雲行きが怪しい。バイクに荷物を積載し、さぁ帰ろうか、といっているとぱらぱらと雨が・・・。まぁ、帰るだけだしいいか。ということで管理人さんに挨拶をして小雨の中を帰路に就くと程なく本降りに。仕方なく合羽を着て30分ほど走るとすっかり上がってしまいました。道の駅でお土産を買いがてら休憩中に脱ぎ、しばらく走るとまた雨。で、またすぐに止む、ということが帰るまでに3回続き、さすがに合羽を着るのは途中でやめました。ジャケットの防水性能に助けられたのもありますが。
帰りは高速を使いスピーディーに帰りました。途中で妻が何度か居眠り運転。今後の課題ですねぇ。これ。

2007-04-06


うちの両親は植木とか植物が好きなんですよ。で、まぁうちの庭も結構植木があったんです。が、跡取りの自分はというとまったく興味なし。両親のその辺のことはよく知っていて、この息子に庭を任せたら荒れ放題にされるのは目に見えていると思ったらしく、最近惜しみながらも植木のほとんどを処分しました。そうすると庭もかなり広くなり、また、今まで芝生だったところも重機が入ったのでめちゃくちゃになり、父親いわく、空いてるスペースは舗装にするとのこと。
ちょっと待ってくださいよ。確かに庭の手入れはほとんどやる気が無いのは認めますが、舗装はどうなんだろう。確かに手間はかからないけど、自分もそこまでずぼらじゃないし、何より舗装は夏とか照り返しでかなりつらそう。そんなのはバイクに乗っているときだけで十分ですよ。というわけで全面芝にしてもらうことに。
そんなやり取りが2月ごろにあり、本日芝生をはってもらいました。自分で言ったのだから管理はちゃんとしなくちゃねぇ。手押しの芝刈り機でも物色するかぁ。

2007-04-04

東北道の駅制覇計画

さらに宮城県を追加。
さて、この勢いがいつまで続くか・・・。

こちらからどうぞ。

小川テント Z-1


はいはい、またしても廃盤テントです。いやぁ、申し訳ない。新しいテントとか買えませんから。
ということで、小川のソロ用テントZ-1です。ソロ用テントといえばmont-bellのムーンライト1型、と言うことになりますが(個人的に)、やはり購入に際してかなり迷いました。
しかし、設計が新しい、ということで新物好きの自分としては購入しないわけには行きません。
では早速インプレ。
売りの「設営の容易さ」ですが、実際簡単です。ポール通すだけだし。しかし、ムーンライトとよーいドンではじめたらあまり変わらない様な印象もありますね。ペグダウンが必要なのはちょっといただけませんが、しなければしないでいけそうです。
室内は思ったより広いです。ヘルメットとかウェアとか置いて寝る分には十分です。他の荷物は前室(割と広い)とか、フライとインナーの空間が結構あるので、その間に置いておく事も可能ですね。
撤収に関しては、一体型ということで干してから畳むって言うのは苦手です。潔く次に設営しながら干すとか、家に帰ってから干すといった覚悟が必要かもしれません。ただ、インナーはフライから吊り下がってるだけなので外すことが可能なんで、面倒でなければ干してから撤収も無論できます。また、これを応用して雨の日はフライのみにして中で撤収するといいかもしれないです。
このテントの不満点といえば仕舞寸法の大きさ。なんでしょう。以前使っていた安い2人用テントと同じ大きさってのがどうかと思います。荷物をコンパクトにしたい人はムーンライトのほうがいいと思います。
結婚してからキャンプは2人で行くことが多くて出番がなくなりました。残念です。

2007-04-03

アルコール依存症

今日、出勤すると以前一緒に働いていた先輩が入院していた。先輩といってもその方は定年退職された方なんだが、自分が新人時代にお世話になった人だった。昔から酒癖が悪く、退職後アルコール依存症で別な病院に入院歴もあったようだ。正直な話、一緒に働いていた人が入院、となると非常にやりにくい。それが大先輩ならなおさらである。しかし、状況は違っていた。
ぼんやりと遠くを見るようなうつろな表情。病院の構造のこととかよく知っているはずなのに、誘導なしでは動けない。今が何時で、何をすべきなのかがわからない。さらにショッキングなのは長年一緒に働いてきた人たちのことがわからないのだ・・・。アルコールによる精神疾患(アルコール痴呆)だろうと思う。

アルコール依存症についてはこちらに詳しくのってます。自分の周りには酒好きが多いので、皆さん注意してください。アルコール依存症じゃなくてもこれの予備軍という人たちが居り、これを大量飲酒者と呼びます。日本では推定236万人とされています。大量飲酒者とは、毎日純アルコールにして150mlを飲む人(日本酒5合、ビール中瓶5本、ウィスキーダブル5杯など)のことです。当てはまらないまでもこれに近い人は要注意です。アルコールによる家庭や職場などは失います。身体にも注意してください。アルコール依存症になると発症してから13年後には半数が死亡します。死因は様々ですが・・・。
特徴としてアルコールに対するコントロールの喪失が挙げられます。初飲(初めて飲む)→機会性飲酒(宴会のときにしか飲まない等)→習慣性飲酒(晩酌など)→依存症という段階を踏みます。
まぁ、まだまだいっぱいあるけど、あとはリンク先に任せます。少しでも興味を持っていただければと思い書きました。なにせ今日のことが非常にショックだったもので・・・。
あぁ、ちなみにわが国ではこのアルコールの問題に1年間で約6兆6千億円(平成9年)支払っているそうですよ。そういったことを含めて、少しでもアルコール依存症を予防してくれればと思います。

2007-04-02

東北道の駅制覇計画

懲りずにやっていこうかと思います。

ここからどうぞ!

とりあえず、福島から^^;

廃盤

今後のブログの予定としては、日記・ツーレポ・インプレ・釣行記・道の駅など載せていく予定です。
で、インプレは主にキャンプ用品でいこうかと思ってるんですが、自分の持っているものってほとんどが廃盤品だったり・・・。需要あるのかねぇ。まぁ、自己満足のためにやっている節もあるし、よしとしようかなぁ。
ま、しばらくはブログの内容充実に力を入れていくとしますかね。

2007-03-31

ヨーレイカ ツーリング2




以前、自分が運営していたサイトでやってたインプレッションをここに移植していこうと思います。といってもたいして数は無いんですけどね…
今回はすでに廃盤になっているヨーレイカのツーリング2です。

一応2人で使うことが前提で、雨が降ってもあまり苦にならない全室を備え、できるだけ安いもの、ということでこのテントで落ち着きました。対抗馬は(当時)設営・撤収が楽そうなダンロップR-324あたりでした。でも2人で設営・撤収するんだから多少大変でもいいかなぁ、ってことでこのテントに決定。

使ってみた印象としてはまず、収納サイズがでかい。とはいえ、今までソロから2人用しか使ったことが無いからそう感じるかもしれません。まぁ、全室があのサイズですから大きいのは仕方ないところですね。設営した感じではそれほど大変さを感じませんでした。フライシートも前後がわかりやすく、あまり迷うことも無いです。撤収も大きいだけで、労力は普通のテントとさほど変わり無いように思います。居住性は一言で言えば快適。

前室も2人で宴会するには十分な広さ。天井も高く(一番高いところで140cm)比較的開放感もあります。ガソリンストーブを使うにもそれほど気を使いません。正面にあるフラップをポールで立てて伸ばせば簡易的なタープにもなります。後室兼出入り口もあるので、なかなか便利です。欠点といえばおそらく形からいって風に弱そうなところですかねぇ。今まで強風下で使用したことが無いのでなんともいえませんが・・・。

色々書きましたが、キャンプ場をベースにあちこち回るタイプのツーリングには良いかもしれません。また2人で使うということが前提の人にもお勧めです。でも、この色何とかならんかぁ・・・。

昨年の北海道ツーリングでは実際にこのテントを使用し和琴をベースにあちこち回りました。ほとんどの日程を雨にやられましたが、前室で食事をしたり、焚き火台に炭を熾し濡れたものを干したり暖を取ったり(6月ごろでちょっと寒かった)とかなりお世話になりました。買ってよかった^^

米寿

今日は祖父の米寿のお祝いでした。米寿といえば88歳。普段自分が相手にしている認知症老人の方の中には祖父より若い方も多いし、寝たきりになっている方も居る。そういった意味で、ここまで健康に(まぁ多少ボケ気味ではあるが・・・)居られるのはたいしたものだなぁ、と思う。たいしたものといえば、祖父は終戦後、シベリア抑留の生き残りなんだからそれだけでもたいしたものです。

2007-03-30

自宅サーバ挫折

最近、通信教育のレポートとか、職場の新人教育とか一段落ついたので、しばらく休止していた自宅サーバを復活させることにした。が、どうもうまくいかない。環境とかほとんど変わりないのになぜだろう・・・と思っていると、怪しいものが目の前に。
以前はフレッツからやっていたのだが、今はKDDIのメタルプラス。で、レンタルできたこのモデムがどうも怪しい。モデムなんだが、無線ルーターにもなる。ということは、今使っているルーターを取っ払ってつなげば話が早いのだが、無線LANのカードを買ってこなくてはならない。けっこうするし、まぁ、そんなに発信したい情報があるってわけでもないから、しばらくどこかに間借りしようってことで、ここでブログはじめてみました。今後とも宜しくです。